ARC’TERYX GRANVILLEはバックパック最高水準!

ARC’TERYX というブランドのバックパックである GRANVILLE(グランヴィル)のレビュー記事です。

入社当初は電車通勤でしたが、結婚を機に引越した際、自転車通勤となり、その時に通勤用のリュックを探していました。

仕事柄、PCを持ち運ぶこともあるため、そこそこの容量が入り、なおかつ、見た目もビジネスにふさわしいものが条件でした。

そこでアウトドア雑誌で見つけたバックパックが ARC’TERYX の GRANVILLE でした。

今回は、GRANVILLE を2年以上愛用しているぼくが、その機能を余すことなくご紹介。

ARC’TERYXとは

以前、ARC’TERYX のマウンテンパーカーを紹介した記事「【ARC’TERYX】Gamma LT Hoody の使い勝手が最高」にも書きましたが、一応、ブランドについて簡単にご紹介。

ARC'TERYX Gamma LT Hoody の使い勝手が最高
雨の日や肌寒い日、春秋にも使用しやすそうだなと思い、以前からマウンテンパーカーが欲しかったのですが、先日、ARC'TERYX の Gamma LT Hoody(通称:ガンマ)というマウンテンパーカ...

ARC’TERYX はカナダ発のアウトドアブランドで、主にウェアやバックパックなどを扱っており、日本でも最近メジャーになったブランドです。

特に ARRO22 というバックパックはここ2〜3年で急激に流行しており、街でもよく見かけるようになりました。

ARC’TERYX の正規店舗というのは残念ながら福岡にはありません。

そのため、購入する際はスポーツショップやアウトドア専門店などで購入することになります。

公式取扱店舗一覧

ARC’TERYX(アークテリクス)のスキーウェア、アウトドアウェア等の全国内正規販売店を検索できます。

ARC’TERYXのタウンユース向けバックパックといえば、この2つ

「そもそもバックパックって何なのよ」って思う人もいるかもしれませんが、バックパックとリュックは同じです。

バックパックが英語、リュックがドイツ語です。

日本ではリュックという言葉の方が浸透していますが、ARC’TERYX公式ではバックパックと表現しています。

今回は「普段使いしたい」という目的があるため、ARC’TERYX の扱うタウンユース向けのバックパックを2つご紹介します。

GRANVILLE

今回購入した商品です。詳しいレビューはのちほど。

ARRO22

今回購入した GRANVILLE と悩んだ商品です。
こちらはタウンユースにも利用できますが、トレッキング用としての機能を備えたバックパックです。
一度は悩んで購入を見送ったのですが、結局手に入れることになったのですが、そちらのレビュー記事はこちら。

ARC'TERYX ARRO22はバックパック最高級品
今回は ARC'TERYX のバックパック ARRO22 のレビュー記事です。 以前、「【ARC'TERYX】GRANVILLEはバックパック最高水準!」の記事で GRANVILLE のレビュー...

レビュー

外観

長方形の形をしており、一風変わっていますが、無駄のない洗練されたデザインです。

最近はリュックで通勤するサラリーマンが増えていますが、無骨でシックなため、ビジネスシーンでも利用できます。

もちろんタウンユースでも利用できます。

からってみるとこんな感じ。

モデル 身長:165cm、体重:55kg

体の小さな僕には少し大きく見えるかもしれません。

しかし、逆にこの存在感が良いではありませんか。

改めて後ろ姿を見て、ひときわオシャレ感を放てるリュックだと確信しました。

容量

25リットルという大容量のバックパックです。

長方形の形状をしてるため、スペースを効率的に利用できます。

ぼくは1〜2泊の出張や旅行でも使用しています。

機能性

内側に3つのポケットがついています。

1番大きなポケットはクッションに挟まれており、ノートPCやタブレットなどを入れるために設計されています。

サイズとしてはA4サイズとの書類がすっぽり入るため、便利です。

背中側にもチャックがついており、そこからサッと取り出すことができます。

フタの部分(と言ってよいかわかりませんが)は、マグネットでくっつきます。

フックもついており、きちんとフックをかけておけば、簡単に開けられないような作りになっています。

撥水性

リュックの外側は撥水加工された素材のため、雨の日でもリュックの中を心配せずに利用しています。

重さ

重さは630gでとても軽く感じます。

肩をかける部分はクッションが使われているため、疲れにくいよう、心配りがされています。

実際に平日は毎日使用していますが、とても軽いです。

自転車通勤でも一切苦になりません。

弱点

使っていて感じた弱点もあるのでご紹介。

わかっているけど、デカい

大きいのはわかっていたですが、背中の部分にクッションが入っているので、たたんむこともできないです。

そのため、旅行先などでは小さなロッカーに入れることができません。

価格が高い

定価で27,000円です。

ARC’TERYX は海外メーカーなので、Amazon や楽天市場で並行輸入品が売られています。

少しでも安いものを買いたい方はネットでの購入がお得です。

まとめ

固定用のベルトや外側にポケットがついていないため、登山やトレッキングには向いていないので、タウンユースとしての利用をおすすめします。

大容量でノートPCやタブレットの持ち運びをしたり、A4サイズの資料を曲げずに持ち運びたい方にはオススメです。

「登山、トレッキングでも、タウンユースでも活用したい」という人にはARRO22をおすすめします。

周りとは一味違ったリュックです。

街で見かけることもあまりないので、おしゃれを楽しめるバックパックだと思います。

ぼくは買って大満足しています!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする