カリフォルニア&フロリダ・ディズニー旅行記2018①日本出発

2018年9月にアメリカ旅行へ行ってまいりました。

テーマは「カリフォルニアとフロリダのディズニーリゾートはしご旅」です。

今回は旅行1日目の日本出発の旅行記を綴りたいと思います。

旅行のスケジュール

旅行のスケジュールですが、ざっくりとこんな感じでした。

Day1     移動(日本→カリフォルニア・アナハイム)
Day2-3   ディズニーリゾート
Day4     移動(カリフォルニア・アナハイム→フロリダ)
Day5-9   ウォルト・ディズニー・ワールド(WDW)
Day10-11    移動(フロリダ→日本)

日本 ⇄ アメリカ の移動ではANAを利用。旅行半年前に予約しました。

ロサンゼルス→フロリダの移動はデルタ航空のマイルを持っていたので、そのマイルを使いました。

アナハイムではディズニーオフィシャルホテルには泊まらず、リーズナブルなホテルに宿泊しましたが、フロリダではオフィシャルホテルのポップセンチュリーに宿泊しました。

それでは、1日目の旅行記を綴っていきます。

日本出発

福岡空港→羽田空港→ロサンゼルス国際空港という道のりでした。

ぼくたちはANA(全日空)を利用し、フライトスケジュールはこちら。

福岡空港(FUK)→羽田空港(HND)
NH207 19:40発 21:25着 所要時間:1時間45分

羽田空港(HND)→ロサンゼルス国際空港(LAX)
NH106 22:55発 16:45着 所要時間:9時間50分

福岡空港では国際線乗り継ぎ専用のカウンターがあるので、そちらで手続きをしました。

ここででっかいスーツケースともしばしお別れ。次はロサンゼルスで会うことになります。

福岡空港から羽田空港での移動では特にトラブルなどもなく、定刻通りの到着でした。

乗り換えでは国内線から国際線への乗り継ぎバスを利用しました。

国際線乗り継ぎ用の入口でこんな感じのチケットをもらいます。

22:00の便で国際線へ。バスでの所要時間は20分程度でした。

国際線乗り継ぎバスの時刻表はこちら。

国際線ターミナル到着後、すぐに保安検査場、出国審査を終え、出発ゲートへ。

夜の遅い時間ということもあってか、全く混んでおらず、すんなりと進みました。

ゲートに到着したのが22:30だったのですが、すでに出発30分前の22:25から優先搭乗が始まっていました。

エコノミークラスのぼくらが乗るまではまだまだ時間がありそうでしたので、トイレをすませてエコノミークラスの列に並びました。

ANAのホームページにも乗り継ぎの時間の目安があるので、参考しました。

羽田空港でのANA国内線→ANA国際線なので70分以上が必要ということになります。

【ANA公式サイト】ANA運航便への乗り継ぎ(国内線間、また国内線から国際線)や他社航空が運航する飛行機への乗り継ぎについてご案内いたします。羽田空港・伊丹空港・那覇空港など、空港によって乗り継ぎ必要時間が異なります。国内線でのご旅行の準備に関する情報はこちらから。国内旅行のお役に立つ情報が満載。旅の計画・準備はANA...

羽田空港での乗り換え時間を極力短くしたかったので、乗り換え時間が90分になるような便を選んでいたのですが、結果的には完璧にロスのない時間設定で、余裕はありませんでした。

保安検査場や出国審査に人が並んでいたら焦ってしまっていたと思います。

もう少し余裕をもったスケジュールをおすすめします。

そういえば、搭乗口のそばにあるトイレに行った際、トイレの入口付近に空き状況や近くのトイレを表示してくれる案内がありました。

時代は進化しています。

NH106、搭乗。

いざ搭乗、これから約10時間のフライトの始まりです。

座席の足元のスペースですが、身長165cmの短足なぼくにとって、そこまで狭いと感じません。

そして、フットレストつきはありがたい。

ヘッドレストもあり、角度も変えられるので頭が動かないように固定もできます。

もちろん画面付きで映画も観れますし、ゲームもあったり。

USB充電もできますし、持ち込んだイヤフォンをさすこともできますよ。

なお、エコノミークラスのアメニティは枕とブランケット、ヘッドフォンのみでアイマスク、耳栓、スリッパはありませんので、必要な方は持ち込み必須です。

ネックピローもおすすめです。

離陸して、しばらくすると水が配られました。

水が配られて10分後に軽食が配られました。

別のブログなどを見るとサンドウィッチが配られたという方もいたようですが、ぼくたちは「カレー風味のチキンと野菜のトルティーヤ」でした。

結構美味しかったです。

そのまた10分後くらいにドリンクの時間。

メニューが座席ポケットに入っているので事前にチェック。

オススメは写真右の「茅野舎 野菜だしスープ」です。

体に優しい味が染み渡ります。

ちなみに堅あげポテトは持参したものです。

その後は長い長い空の旅。映画は見ずに、ひたすら寝ていました。

そして到着2時間前に2回目の機内食です。

メインは「紅鮭の彩りご飯」と「パンケーキ&ポーチドエッグ」から選びます。

サイドメニューにはパン、ポテトサラダ、スモークサーモン、オニオンサラダ、フルーツです。

メインはご飯の方が人気のようで、ぼくも妻も紅鮭の彩りご飯を選ぼうとしたら、CAさんから「数が少ないから、パンケーキの方にしてくれないか?」と言われました。

両方の味を楽しめるなーと思い、ぼくはパンケーキの方にしました。

両方とも食べてみましたが、味はGood!

やはり日系の航空会社は日本人向けの味つけになっているので、安心です。

まとめ

今回は日本出発編をお送りしました。

飛行機はほぼ定刻通りに到着しました。

次回はカリフォルニア到着編です。

以下の内容でお送りします。

  • ロサンゼルス国際空港到着
  • アナハイムのホテルに移動
  • パークにチケット入手
  • 夕食の調達、コンビニへ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする